服についての考え

ファッションについて今回は自分の考えを表していこうと思う。

まず、ファッション経済的効果をもたらすのはトレンド(流行)である。今年はこれが流行る!とかこれを着ていけば間違いない!とかがテレビなど大衆マスメディアで多く取り上げられて消費されていく。その流行を作るのがラグジュアリーブランドやハイブランドもしくはデザイナー達である。これらをトレンド第一層とする。そしてブランドのランウェイやルックを見てそれらを購入するファッションアイコン(発信する人、インフルエンサー、インスタグラマー)やショップスタッフ、そして多くの回数ショップに向かうファッション好きの人達を第二層とする。そして最後、そしてそれらファッションのアイテムが流行しそのアイテムを多くのファストファッション(UNIQLO H&M ZARA etc)が定番の形として売り出し別にオシャレでもダサくもないような人達がファストファッションのお店に足を運び購入し定番化していく。また、インフルエンサー等に影響を受け、その人たちが着ているアイテムをパクる形で購入する。これらがトレンド第三層である。一番大きな人口がいるのが第三層である。第一層からそれぞれピラミッド型に人口形成される。そして俺はこの第二層から第三層にトレンドが移行することがブランド価値の低下をもたらすと考えている。例えば韓国のアイドルやエグザイル(これらの人達はお金があるためハイブランドを買える若しくは興味があるため第二層)がいる。田舎のダセえ奴がとかが好きそうな人達ですら服を着る。田舎のダセエ奴はこのアイドルやエグザイルを参考にして服を着る。田舎にはショップがないがインターネットが発達しネット通販を利用することによって効率的にハイブランドを買い漁れるようになった。もしくはブート(偽物)を買う。そうするとどうなるか。ハイブランドのアイテムがくそダセェ田舎者に着られてしまうのである。しかも似合ってない。これがブランド価値を下げるのは明白だよね?

 

次に、数年前までノームコアというものが流行っていた。それはシンプルで着心地や着まわしを重視したコスパ重視なジャンルである。シンプル。シンプルなシャツに黒スキニー。シンプルなスウェットに黒スキニー。ロゴやデザインもこだわらない。これらのアイテムは非常にパクリやすい。ファストファッションはこれを見逃さないで作った。大衆の目には流行りのアイテムが安価で売られているように見える。そして皆、ファストファッションでいいじゃんという考えに陥るし、これ着ていれば俺オシャレ!ってなる。こうなってしまうとみんなブランドの服買わなくなるじゃん?流行を作るブランドが売れなくなってファッションという市場が収縮してしまうだろ!ファストファッションはつまり、大衆に対してファッションの意識を集めることに成功し、トレンド第一層のファッションの動きを低頭させてしまうのである。

三月のヨーロッパ旅行③

ローマ ヨーロッパ旅行

 


はい。二泊したローマ。空港広すぎて荷物取り場までジンベイザメみたいな顔したバスに乗って取りに行った。空港からの特急列車が分からず聞いたらチケット売り場のおっさんの知り合いが車でホテルまで送ってくれる仕事してるって言うから15€払ってホテルまで行った。どっか連れてかれてもまぁいいやとか思ってたけどそれより怖いのが運転。余裕手間電話してんの。イヤホンしながら、しかもMomとか書いてあって公私混同。びびるわこの適当さ。ホテル着いたけどびっくりした、ラブホみたいだった。シングルベッド二つと聞いていたのに真っ赤な壁紙にキングサイズのベッド。でも作りはローマだからさながら汚ねえ田舎のラブホかよと思った。しかも明らかに掃除してねえんだよな、枕の横の机に前泊者の枕カバーがあって有り得んだろと思った。ゴミ袋を持参していたのでそれを広げてぶち込むと枕カバーの下に真っ赤な付け爪がコロン。マジこのホテル怖すぎる。それも捨てた。やっぱ洋物ホラー感じるわ。次の日しかローマ観光できる日ないからその日は就寝。怖い思いするまでも無く爆睡。次の日起きて朝飯食ったけどコーヒーがお湯!何言ってるか分かんないと思うけど驚きの薄さでぼったくり飲み屋よりも薄い。お湯。なめてんだろ俺う○こ出ねえんだよコーヒー飲まないと…。でも出た。詰まった。無理やり流した。そして出陣、地下鉄乗り放題券あるよ(いくらか忘れたけど)ローマは朝早くからバチカンに行くといいよ。クソ並ぶから。ただ最寄り駅からすごいスタッフの数。話しかけられたら終了、あっちはさも公式のスタッフの顔をしてツアーを申し込ませる悪徳詐欺集団、並ばなくていいよーとか言ってるけどぶっちゃけ並ぶの1時間くらいだし午後から空くからツアー申し込むなよ日本人!!50€も取られるぞ!自分で見たら半額だぞ!!毎回話しかけるからブチギレて帰れよ詐欺集団!って英語で言ったらFuck!! って言われたよ。

バチカンには美術館とサン・ピエトロ大聖堂の二つ入り口が反対でそれぞれにある。午前の最初美術館を爆速で見てその辺りでパスタとピザ食った。マジ美味いし店員さんガチイケメン。男の俺も掘られていいくらいの爽やかさ、憧れちゃうね。サン・ピエトロガチで綺麗だけどうんこ行きたいからそっちも爆速で見た。そんで地下鉄乗ってトレビの泉見たよ、街の中にいきなり泉とか凄かった!f:id:coolandfool:20190412105607j:image

水の流れに合わせた建築でカッコよかった~、ちなガンツの聖地でもあるから街並みにオタクを感じていた。てか本当街並みがすごい綺麗。バルセロナと似てるけどロマン感じるよ。そんで夜はホテルの近くのイタリアンで飯食った、やっぱり本場のパスタとピザはマジでうまい飽きないよ、ローマのいいところは外食がちゃうと美味いところ、パリとはちげえ。f:id:coolandfool:20190412105554j:image
f:id:coolandfool:20190412105558j:image次の日、これが一番この旅行で疲れた。空港行きの特急電車で乗り換える際、遅れに遅れてフライト40分前に空港に到着。チェックインのフロントデスクを見るともう閉まってる…まさかと思いインフォメーションに確認。もう遅いと言われ新しいチケットを買うしかないと言われた。マジで2時間前に着くプランで電車選んでるのに遅れたからって乗れないの辛みがすぎる。ここは冷静に旅行会社に連絡し、ドーハ経由のチケットを取ってもらった。それまでは良かった。しかしあっちの勘違いで16時発のやつに俺の名前が呼ばれた。搭乗しろと。いや違う22時のチケットなんだと言ってもそんなん知らんとインフォメーションがブチギレて俺もブチギレ。話にならんとカタール航空のデスクに行き詳細を伝えると問題なく乗れるとのこと。不安80%安心20%でなんとかチェックインしてゆっくり帰国出来る~と思ってた。かなり焦ってたけど。ドーハから羽田に帰る飛行機で隣の二人がギリシャ人で仲良くなった。元気に日本旅行楽しんで欲しいな。俺がヨーロッパ楽しんだみたいに。

三月のヨーロッパ旅行② パリ

バルセロナからパリには高速列車を使った。乗り場分からなくて遅れそうだったが、その列車の係員見つけて話聞いて時間ギリギリに乗ることが出来た。列車はそこそこの広さで充電がそれぞれの席で出来てハッピー。フランスに入ると現地の警察が全員のパスポートを確認しに来る。通路を挟んだ隣の黒人と白人の若者はパスポートを提出する際に無くて応援を呼ばれてた。黒人は大人しかったが白人は出発時から爆睡(モンスター飲んでたのに)しててパスポート出せや!って警察に殴られまくってて怖かった。次の駅で強制下車されてた。フランスに入ったら田舎で人どころか小一時間以上家もない畑だらけで国土広いことを思い出した。なんとかパリに着いたけど自分のいる駅が分からなくてなんとか調べてホテルの最寄りの駅までたどり着いたよ(パリの地下鉄は24時間乗り放題券があるからそれを買うといいよ7.5ユーロだった)7番線は治安悪そうだし蛍光灯取られないように排水溝の鉄の網がかかってるし落書きまみれで汚かったけど14番線は綺麗だったよ。1番線はエッフェル塔オルセー美術館ルーブル美術館シャンゼリゼ通りや凱旋門も一発で行けるからクソ便利だよ、7番でもルーブルオペラ座には行けるよ。初日にオルセー美術館見て次の日にルーブル見て芸術のキャパオーバー選手権開催してたけどなんとか頑張った。モナリザちなみに微妙だよ(笑)俺はモネ派だしね。

f:id:coolandfool:20190412105508j:image
f:id:coolandfool:20190412105458j:image
f:id:coolandfool:20190412105504j:imageモネの水蓮見れる美術館はルーブルから歩いて行けるし安いから行ってみな、興味なかったらそこ通り過ぎたらコンコルド広場があるからそこの駅から凱旋門行け。店しかないけど、ルイヴィトンとDiorの本店はファオタなら行くべきだし尊敬しろ。そのあとマレ地区行って(1番線ね、本当便利)Y-projectのパンツ買った。服の話は別でする。ちなみにフランス料理屋とか高くて入れないからジャンク多くなるよ、全般的にあんまり美味しくないよ。あとヨーロッパってパン王国だから飽きる。もう半年ハンバーガー食いたくないわ。みんなオシャレだったから俺のインスピレーション湧きまくりで楽しかった。次の日はローマ行きの飛行機に乗った。以上!

三月のヨーロッパ旅行

バルセロナ ヨーロッパ旅行

スペイン

交通わかんないけどホテルまでは旅行会社で手配した運転手が連れてってくれた、近くの飯屋は大概汚くピザ屋しか綺麗じゃなかったのでそこに入った。バイトの店員に英語が伝わるからこの国で英語がなんとなくは伝わることを理解した。

一泊し翌日はサグラダファミリアを見に行った。地下鉄から出て振り返ると写真で見てきた建築が居た。(地下鉄にはT-10券と言って10回券があるのでそれを使うといいよ、7.5ユーロね)中に入るにはチケットが必要で、QRコードを読み込み時間指定で入場を決められる。入場が16時になって時間があるので同じ建築家ガウディのグエル公園に行った。ガウディの家に行ったが派手なパターンを多用しポップな印象を受けるがその裏建築はシャープで目の錯覚を利用し奥行きを見せるなど技巧派である。椅子など家具はふにゃふにゃしてる作り。二枚の木を変形させてくっつけたりしてビックリした。服の作りにも似たようなものがあるのでやはりデザインは究極になるにつれ似てくるのかもしれない。

パエリアを食い(味は普通)サグラダファミリアに戻り入場、ものすごい高さと広さ、ディティールの細かさのギャップ。現代人が完成させる意味ないだろ、実際現代人が作ってるところ合ってないように見えるし。夕方のステンドガラスの光、パイプオルガン二台で時に流れる賛美歌、お祈りする地下をこっそり見るとガウディの墓。完璧だった、やっぱり現代人が完成させる必要を感じない、未完成の完成でいいよね、そのあと流れに沿って地下に行くとおみやげ屋とかあって商業建築になっていた。

f:id:coolandfool:20190412102525j:image

次の日はピカソ美術館行った。行ったけど工事しててやってなかった、公式サイトにも書いてなくてちょっと萎えた。だから近くの近代美術館行った、現代の色の使い方とか色んなアートの表現とか音との組み合わせとか散々ご高説を英語で垂れ流された、最後真っ暗な部屋に15分いるというアートとちょっと違う体験をした。入ると本当に光が全くない、怖い思いが体中を包み感覚を音に委ねることになる。壁があることを確認しとりあえず一周しようとした。そうすると段々と目が慣れてくる2個目の角についた時誰かと足が当たった。誰だろうと思っていたが見当たらない。真下を見ると金髪幼女がニコニコ真っ暗な部屋でしゃがんで俺を見て笑っていて俺はしょんべん漏らすかと思うくらいビビった。洋物ホラーを実際に体験したの俺くらいだろ。楽しかったよ。美術館を後にして帰ろうとしたら3/8は国際女性デーと言ってそのデモがあった。若い女性が大量に大勢(学生多目)集まって眼福…じゃなくて紫色(女性を彷彿させるカラー)を全員纏い大声でスペイン語で喋ってて怖かった。海外デモってあんなんなんだ…迫力大声警察オンパレード。その場から逃げるのをオススメする。怖いし。でも飯うまいし楽しかった。以上!